「大きな地形を背負う環境共生住宅」データ検証編

「大きな地形を背負う環境住宅」
『データ解析』編をHPにUPしました。


クライアントや設計者、環境工学研究者が何を考えて、取り組み、どんな環境共生住宅が出来上ったかを随時検証し、更新してゆきます。

『データ解析』編は、「http://www.uapp.jp/works-juutaku-hgw-netukaiseki.htm

 

 

 

 

 

『もうすぐ生まれる!』編は、こちら「http://www.uapp.jp/works-born-hagiga-oka.htm
『もう生まれた!』編は、こちら「http://www.uapp.jp/works-juutaku-hgw.htm

 


温度センサー用熱電対の施工

HGWは木工事も終盤で、これから内装、外装ともに仕上げ工事に入ります。

床暖房の施工も終わり、フローリング貼りがはじまります。

 

 

しばらく前になりますが、温度センサー用の配線を行いました。

写真の茶色の配線です。

今回の住宅は、温熱環境の作り方に特徴があります。

半分実験的なところがあるので、お客様の協力を得ながら、竣工後も温度を計測し続けて結果がどうなるかを検証するためのものです。

 

また床下にはPCM(潜熱蓄熱材)という新しい材料を仕込ませています。(写真:アルミパック)

夏も冬も快適な23度が融点の材料で、その温度をなるべくキープし続けるためのものです。

PCMは室内の左官材にも混ぜ込み、室内の温度調整が容易になる試みをしています。

 

詳細な案内は後日出しますが、6/30、7/1のオープンハウスではそのあたりの説明もさせていただきますので、ぜひ参加ください。


HGW地鎮祭

今日は太白区に計画した住宅の地鎮祭でした。

 

雨の心配がありましたが、なんとか大丈夫で安心しました。

 

 

敷地は北側/東側への眺望がよく、南側はあまり開くには合理的ではない環境でした。

北側/東側の眺望をうまく取り入れながらも、南面は太陽のエネルギー獲得することに専念し、上手に住宅の熱環境を調整することにチャレンジしている住宅です。

これから随時HGWの情報をアップしていきたいと思います。

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM