11年目のクライアントの思いに触れて思うこと。

11年前に完成した「囲い庭に埋もれる平屋」を再度取材してもらいました。

いろいろと感慨深い取材でしたが、先ずは、表紙の写真が素晴らしい!

 

11年前にはまだまだ小さかった欅の木が、結構な大木に成長しています。

 

 

 

 

11年経った施主の想いに触れて、改めて、設計の難しさを思い知りました。

私としても思うところがかなり大きかったので、ここに寄稿した文章を転載させてもらいます。

 

 

 周辺は古い住宅地。隣にはIさんの実家があり、昔から知る近隣住民とほどよい距離感とプライバシーを保てる静かな生活の場を希望されました。 そこで外壁を兼ねたシンプルな白い塀のなかに、路地の延長を意識した黒いトンネル状の「エントランススペース」、庭を楽しめる半地下の「居室スペ ース」、家の中央に集約した「収納コア」という3つのパートをデザインしました。11年を経てアイレベルにある庭の樹木は大きく生長し、密かに期待した 「箱庭や盆栽の中に住んでいるような生活」が実現しているようでした。

 実は取材前までは漠然と、11年後の住まわれ方を見るだけの企画だと思っていました。しかしご夫妻へのインタビューが進むにつれ、1つの住宅を介して、家族の生活や生き方についてのストーリーをなぞっていることに気づきました。Iさんは息子さんが個室が欲しいというと、「大学に合格して早く出ていけ」とだけ答えるそうです。でもそこにはIさん自身の経験から来る 「家に縛られないでほしい」という子への願いがあり、今は半年後に再び訪れる「夫婦2人の生活」を模索しています。

 「この家は、家族の関係をぐっと近づけてくれる」というIさんの言葉や、大きくて太いご家族の人生への想いに触れ、「私たち建築家の仕事は、こういう生活の小さな一部分となれたときに素晴らしく輝くのだ」と実感し、途中で少し言葉が出なくなりました。

(文/手島 浩之)


地域限定の雑誌ですが、コンビニにも置いてあるようなので、手に取ってみてください。


11年目の施主の想い…『囲い庭に埋もれる平屋』

『囲い庭に埋もれる平屋』

 

昨日は「あの住宅は10年後どう住まわれているか」との雑誌企画の取材でした。
この10年を振り返ったクライアントの住宅への想いに、住宅はクライアントの「生活や家族への強い思い」があって出来上がり、強い思いの中で住み続けてくれているんだなあ、と改めて実感しました。

 

10年前に植えた欅がこんなに大きくなりました。

昨日は30度越えの暑さでしたが、窓を開けると、庭と一体となったこんなリビングになります。

 

外から見ると…

 

絶賛撮影中です!

 

そして最後は、ビールで…。
楽しく乾杯できてよかった。


「囲い庭に埋もれる平屋」 雑誌掲載

 「囲い庭に埋もれる平屋」が雑誌に掲載されました。
「新建築住宅特集」2010年9月号 です。
(2010年08月19日発売)定価(税込)2000円 新建築社 です。






本屋さんで見かけたら、手に取ってみてください。

DIK 引渡し+写真撮影

いよいよ引渡しです。

駐車場の土間コンができました。打ち終わった時から雨が降りだしたので、表面がどうなるか心配でしたが、業者の方が養生していてくれた為、きれいな状態を保っていました。


記念の手跡です。

引渡しのあと、カメラマンの方に写真を撮っていただきました。
写真は出来上がり次第後日UPします。

ここでも記念に家族で撮影。

5ヶ月にわたる工事もこれで終わりですが、
これからはお施主さんがどんな風に使い込んでくれるか楽しみです。

DIK 浴室完成


下地のモルタルが乾かない為、オープンハウス時も未完成のままだった浴室ができあがりました。黒のFRPです。外部の緑が移りこんでいます。


テレビも取り付けてもらいました。スピーカーと共にお施主さんが現物支給したものですが、シンプルでカッコイイ。スピーカーとテレビとの配置によって音の聞こえ方が変わるそうで、取付位置にも配慮しました。

DIK オープンハウス

先週土曜・日曜にオープンハウスが行われました。
天候の悪い中、たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。

↑その時展示したのが今までの模型の数々です。1/100〜1/20、構造模型など色々作りました。

DIK 植栽を植えました。


まずはシンボルツリーのケヤキから。結構な大きさがある為、どの位置にあるときれいに見えるか、部屋の日差しが遮られないか、等を室内側から確認して設置しました。


南の庭にはニ本。奥にあるのはシャラです。


内部からみるとこんな感じ。今まで無機質だった空間に、緑があることで印象が大分変わりました。


建物を外からみるとこんなかんじです。緑がはみだしています。


北側には椿を植えました。もともと隣のご実家にあったものをいただいたのですが、枝ぶりが庭の大きさに対してちょうど良い感じです。


建物外周部分の割栗石も敷き詰められました。
砕石と比べてサイズが大きい為石自体に存在感があり、敷地に「詰まっている」ように見えます。

DIK 浴室


浴室のFRP防水を行っています。シンナーの匂いがすごいです。
この後浴室前後の壁と同様に黒色のトップコートを塗っていきます。

DIK 建具取付


建具が取り付けられました。坪庭に後植えられる植栽の移りこみを考えて、艶のある塗装で仕上げました。

玄関入り口の土間コンも仕上がりました。立ち上がりの高さを建物のコンクリートのラインに合わせたことで、地面がくり抜かれたように見えます。

内部もほとんど終わり、ダンボール等の廃材の片付けに入りました。

DIK 外構

内部工事はほぼ終わり、建物外周りの工事が進んでいます。

南側の庭です。犬走りコンクリートの型枠が外れました。
コンクリートの高さを内部窓際のカウンターと同じ高さにすることで、
内部と外部をつなげる役目をしています。。


そしてこの後、建物外周周りに石を敷き詰めていきます。

その石の大きさを検討する為に、先日砕石工場にいってきました。
振るいにかけられた石の山です。割と白い石でしたが、時間の経過と共に
白色が落ちてくるそうです。


砕石場は当たり一面建物が一塔も見当たりません。日本じゃないような、不思議な感じです。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM