『副都心下の受光する住器』植栽工事

『副都心下の受光する住器』は、植栽工事もほぼ終了です。

同時並行してオープンハウスも開催中。

 

 

 


『旗竿敷地の受光する住器』

『旗竿敷地の受光する住器』の現場は、完成間際の追い込みでバタバタです…。

あれほど悩ましかった、塗装工事もほぼすべて終了しています。

 

設計者としても、かなりホッとしております。

 

 

今週末は、オープンハウスです。

ご興味のある方は是非御出でください。

 

『仮)副都心下の受光する住器』オープンハウスのご案内

この度、仙台市太白区に私たちが手がけた住宅が完成し、 クライアントの御厚意によりオープンハウスを開催することとなりました。
周囲を住宅に囲われてしまうに敷地条件おいて、 どのように安定した日射を受光し、光と熱にを取り入れるかを考えた住宅です。
皆様の貴重なご意見を頂きたくご案内を差し上げます。

日時:12月7日(土) 10:00〜17:00
   12月8日(日) 10:00〜17:00
所在地:宮城県仙台市太白区
交 通: 会場横に駐車場をご用意しております。
公共交通機関をご利用の場合
   :仙台市地下鉄南北線 長町駅から徒歩17分
   :JR東北本線 太子堂駅から徒歩13分

※ご来場希望の方は「氏名/見学希望日時/参加人数/緊急連絡先」を記入の上、メールにてお申し込みください。
 お申込いただいた方に現地案内図をお送りいたします。
お申込みメールアドレス:uapp@mve.biglobe.ne.jp


塗装工事の終焉

『副都心下の受光する住器』の壁面塗装がほぼ無事に終了しました。

この平滑性のために、あれやこれやと気を回し、散々苦労してきただけに、かなり「ホッ」とするとともに、気落ちしております。(気落ちというか、安堵を通り過ぎたあとの脱力感というか…)

かなりの精度で、平滑に仕上がっており、ほぼ満足です。

現場に居た塗装屋さんに、「苦労を掛けましたけど、良く仕上がりましたね」というと、にこりと笑って、ガッツポーズを決めてくれました!

トップライトからの光が少し青白いので「あれ」と思って、訊いてみると、「もう塗ったよ」と…!

 

トップライト下の反射板に、熱線吸収塗料を塗布したとのことでした。

トップライトからの日射から、赤外線だけ分離され、天井面を照らしています。

 

来週末にオープンハウスをやりますので!

 


『仮)副都心下の受光する住器』塗装工事の始まり

『仮)副都心下の受光する住器』の壁面塗装が始まりました。

先週末に、パテ処理を終え、(多分今日から)塗装工事が始まっています。下塗りの状態ですので、薄く白い色で化粧を施したような感じですが、何度か塗ると、平滑に仕上がります。

 

通常、壁の塗装は2回塗りが標準ですが、前回試し塗りをしたところ、4回も塗り重ねることになったとのことです。(泣)

 

こうした大きな曲面の塗装では、下地のパテ処理の精度がモノを言います。

 

 


家具搬入

オープンハウスと重なって、『庭を臨む棲み家』の家具の搬入が始まっています。

 

庭に面して居心地の良い場所が用意されています。

 

 


『庭を臨む棲み家』デッキ完成と外構工事

ばたばたしていて、ブログの更新を怠っていましたが、『庭を臨む棲み家』はようやく、デッキが完成しました。

 

デッキからはこんな風に、庭と、その向こうの公園が臨めます。

 

デッキは、庭に張り出し、軽い浮遊感を創り出しています。

 

庭も少しづつ出来てきています。

「足洗い場(外部水栓)」もこんな感じで秋保石を組み合わせてつくりました。

 

玄関前の石積みは更に、「絶賛施工中」です。泣

 

もっと庭も完成した状態で明日のオープンハウスにお見せしたかったのですが、少々間に合っておりません…。

 

興味のある方は、明日のオープンハウスにお申し込みください。

申込メール :uapp@mve.biglobe.ne.jp

 


『第二回仙台環境建築勉強会』

『第二回仙台環境建築勉強会』を昨日11月13日に開催しました。

東北を担う環境建築のホープである、菊池佳晴くん、佐藤充くんの企画で、青森や山形からも駆け付けていただき、素晴らしい勉強会になりました。

先ずは、環境共生住宅に意欲的に取り組んでいる3つの最新作の見学です。

 

ひとつめの見学は、うちで設計をし現場を進めている『仮)副都心下の受光する住器』。

 

その後、菊池佳晴さんの「高気密高断熱のパネル化工法の現場」、佐藤充さんの「擁壁際に立つ住宅」の見学を行いました。

(気を遣って、ブログには掲載しないようにしました…)

 

その後の18時からのプレゼン大会では、最近の環境建築への取組みを、参加者がそれぞれ持ち寄り、発表と質疑応答、感想を積み重ねました。


仙台でも(逆に)夏の冷暖房の方が難しいなど、実体験からも共感できる意見が多く出されました。

第一線で頑張っている建築家が、本音で体験も共有できるこうした勉強会は続けるべきですね。


オープンハウスのお知らせ「庭を臨む棲み家

 

 

『仮)庭を臨む棲み家 』 のオープンハウスのお知らせです。

この度、仙台市泉区に私たちが手がけた住宅が完成し、クライアントの御厚意によりオープンハウ スを開催することとなりました。一部既存母屋を残しての増築工事ですが、庭に隣接する公園への眺 望を取り込んだ住宅です。皆様の貴重なご意見を頂きたくご案内を差し上げます。

 

日時: 11月23日土曜日 13時〜17時  

    11月24日日曜日 10時〜17時

場所:仙台市泉区

 

お申込み:「氏名/参加人数/緊急連絡先/見学希望日時」を記入の上、uapp@mve.biglobe.ne.jpまでお申し込み下さい。

 

奮ってご参加ください。

m(__)m

 

 


黒御影 其之二

ある意味で黒御影は石の王様のような、少し「おたかくとまった感じ」がしないでもない素材ですが、この「紋入りの黒御影」は少し荒っぽい風合いがあり、かなり良い感じです。

「割り肌」なのも、ぐっと良い感じを醸し出しています。また、カット面が機械カットでないのも良い感じが出ています。

こうして並べてみると、目地を入れないほうが、ぐっと良い感じになりそうです。

 

この奥に見える玄関ドアは、チーク材の製作物です。これもかなり質感が高く仕上がっています。

 

内側から見るとこんな感じです。

 

デッキ部分もようやく施工に入り、

造園工事も順調に進んでいます。

 


天皇陛下即位パレードの日の地鎮祭

昨日はあたらしい現場である東京の住宅の地鎮祭でした。

雲一つないとはこのことで、晴天の地鎮祭は、いつもより祝祭感が増すような気がしました。

また天皇陛下の即位を祝うパレードが15時から行われるということで、14時30分からの予定でしたが少し早めに始めてパレードに間に合うように地鎮祭を終えました。

このようなおめでたい日の地鎮祭は、“みなさんの心に残り続けるでしょう”と宮司さん。

 

進捗はこれから随時upしていきます。(H)

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM